9月8日は「十五夜(中秋の名月)」、そして翌日の昨日9日は月が地球に接近して大きく見える「スーパームーン」でした。

確か1ヶ月程前にも見えましたね。本当は十五夜にお月見をする予定でしたが団子が売り切れていたので、昨日は早めに和菓子屋でゲットしました。

たまたま九州の友人とLINEをしていたので写真を送ったら「これダンゴ違う!」と返事が。

???。いえいえ、関西の月見団子はこれです。調べてみたら、これは十五夜の別名は芋名月(いもめいげつ)なので里芋に見たてたという説や、白い部分を月、餡の部分を雲に見たてたという説も。

イラストでよく見るような丸くて白い団子を積み重ねたものの他、串団子や饅頭タイプなど地域によって色々なんですね。

因みに十五夜に月を撮影しようとしたもの↑。なんか、Qちゃんみたいです。。

1ページ (全196ページ中)