先日、新聞を読んでいると『400年前のノミ』という活字が目に留まりました!

京都で解体修理中の大徳寺の「方丈」という建物の屋根裏からノミが見つかったそうです。

過去の修繕工事でも、手を付けたことがない場所にあったことや、ノミの刃の形が現在は存在しない両刃であることなどから、建立時のノミであると推測されているようです(^o^)。

私も寸四(約42㎜)と四分(約12㎜)のノミをなくしてしまいましたが、どこかの天井裏か鴨居の上にでも忘れてしまっているのでしょう…(×_×)。


話のスケールが違い過ぎますけど…(T_T)。

 


SNS公式アカウントでも

栄建築の家づくりをお届けしております♪

▶公式インスタグラム

▶Pinterest公式アカウント

▶Facebookページ

 

最新のイベント情報やお役立ち情報をLINEでお届けしています!ぜひ、お友だち追加をよろしくお願いします。

ご質問等お気軽にお送りください!

▶LINE公式アカウント

友だち追加

 

 

 

 

1ページ (全192ページ中)