スタッフブログ

今、リフォームに入らせて頂いている、I様邸の小屋裏に大きな“牛梁”が上がっていました!

 

 

牛梁とは、棟木の真下に平行に入っていて、棟瓦の重みに耐える役目を果たしている部材です(^o^)。
牛の背骨のような形や、牛のように太いことが、名前の由来のようです。
I様邸は、おそらく昭和初期に建てられた家だと思われますが、その時代にどのようにして上げたのかなぁと思います。長さは、およそ10m近くあります。滑車などを使って、たくさんの人手で上げたんでしょうね!

 

 

ところで、気が付けば、丑年も、あと一ヶ月ですね(^o^ゞ!

 

 

 


SNS公式アカウントでも

栄建築の家づくりをお届けしております♪

▶公式インスタグラム

▶Pinterest公式アカウント

▶Facebookページ

 

最新のイベント情報やお役立ち情報をLINEでお届けしています!ぜひ、お友だち追加をよろしくお願いします。

ご質問等お気軽にお送りください!

▶LINE公式アカウント

友だち追加

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全180ページ中)

ページトップへ