スタッフブログ

私は現在、尾崎の西町に自宅を建築中です。

西町とは、どんな場所か?

とにかく、道が狭い、狭い。

私の土地は、西町の中でも最高レベルの狭さです。

 

不動産屋が土地の査定をする時、どうやって決めるか?

それは、前面道路の幅員でほぼ決まってきます。

幅員が4mなければ、査定としてはかなり厳しくなりますし、ましてや私のように2mほどしかなければ致命的です。

車も軽自動車がやっとこさです。

赤穂にも、このような狭い売土地が他にもたくさんあります。

では、道路幅の狭い土地は価値もないし、買うべきではないのか?

それはNOですね。

 

では私の土地のメリットをお伝えしましょう。

 

まず、値段が安いです。

土地というのは、基本的に家を建てる為に買います。(もちろん、例外はあります)

私の土地は約70坪ですが、赤穂の中心部で購入すれば1200万以上はかかります。

それが西町では500万以下で購入する事ができ、差額を家に充てられます。

グレードの高い空調設備・耐震設備で、家族の命を守りやすいですよ。

それに土地評価額が低いので、固定資産税も安くすみます。

 

次に、子供が家の近所で交通事故にあう可能性が極めて低い事です。

そら、そうですよ。

軽4でも慎重に運転する場所ですから。笑

写真のダンプはミラーをたたんで、さらに近所さんの協力を得て入ってます。笑

私の城西町の実家周辺は道が広くて、運転中は遊んでいる子供を危ないと感じる事がよくあります。

親の立場からすれば、子供の交通事故リスクがほぼ無いというのは、何とも言えない安堵感がありますね。

売れ残りがちな狭い物件ですが、考え方次第では、これ以外にもメリットがたくさんあります。

私の土地も軽自動車しか入らないですが、今の時代の軽4は最高ですよ!

めちゃくちゃ快適です。笑

 

今まで候補にならなかった道の狭い売物件も、購入の参考にしてみてください!

 

 

 

記事一覧

1ページ (全166ページ中)

ページトップへ