ページトップへ

スタッフブログ

木造の継手や仕口は予め2本の木材を加工し、差したり上から落とし込んだりして接合します。

そのため仕口や継手の種類や位置により組み上げる順序が決まります。

跳ね出し梁、逆蟻仕口(ぎゃくありしぐち)または茶臼(ちゃうす)は受材(男材)を配置してからかかる材(女材)を上から落とし込むようにして組んでいきます。

記事一覧 | 2018年8月

  • 1 /
  • 2 /

1ページ (全2ページ中)