ページトップへ

ZEHについて

ZEH(ゼッチ)とは?

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略で、生活する上で「使う」エネルギーを断熱性能の強化と省エネ設備の導入で減少させ、さらにそれと等しいまたは上回るエネルギーを「つくる」(太陽光発電)住宅のこと。

 

政府目標

「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とされています。

※エネルギー基本計画(PDF形式)P34

 

 ZEHビルダーとは?

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の趣旨ならびに、「ZEHロードマップ」の意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEH(Neary ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに 50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げ、 登録された事業者を「ZEHビルダー」と定めます。 

栄建築は2016年4月に一般社団法人環境共創イニシアチブにZEHビルダー登録をし、ZEH支援事業へ取り組むこととなりました。

 

 

ZEH普及目標

栄建築のZEH普及目標を2016年から2020年にかけて、以下のように公表します。

 

年 度 受託目標率 実 績
2016(平成28年度) 20% 8%
2017(平成29年度) 25%  
2018(平成30年度) 35%  
2019(平成31年度) 40%  
2020(平成32年度) 55%  

 

 

2015年に栄建築のゼロエネルギー住宅「sora bota」第1棟目を建築いたしました。

さらに「sora bota」の戸数を増やし、ZEHの普及を通じて低炭素社会の実現に貢献したいと考えます。

 

>>ゼロエネルギー住宅「sora bota」