家づくりって何だろう?|注文住宅 赤穂 工務店 栄建築

赤穂の職人工務店 家づくりって何だろう?

「見積り」よりも「面だましい」

こんにちは、栄建築です。見積りよりも面だましいだなんて、いきなりわけのわからないことを言ってごめんなさい。でもこれ、私たちのいつわりのない実感なのです。

最近は、インターネットなどで家づくりのノウハウを学んでから、私たちにコンタクトしてこられるお客様が多くなりました。それはお互いを知るという意味で、とても良いことだと思います。ただ、お客様によっては“価格調べ”に特化されて、「ここはなぜこの値段なの?」「A社より高いのはなぜ?」といった質問ばかりされる場合があって、そんな時にはほとほと困ってしまいます。

別にうまく儲けようとしていたのを、お客様に突っ込まれて困っているわけではありません(笑)。説明のしようがなくて困っているのです。なぜなら見積り書だけでは、その会社がどこまでの内容の仕事をしてくれるのかは、なかなか見えてこないからです。

たとえば、見積りの安かったA社では、後から「こうしたい」と希望を言っても、それは予算上無理と断られたり、あるいはオプション価格を請求されたりするかもしれません。反対に、見積りではそう安くは見えなかったB社は、すべてを含んだ価格を提示しており、希望をすべてかなえてくれるかもしれません。そうなれば、B社の方がコストパフォーマンスが高いのは明らかです。私たちは後者の家づくりの方が、多くのお客様にとって理想的なのではないかと考えています。

せっかく注文住宅を建てるなら

もちろん、ただひたすら家を安く建てたい方は、A社のような所に依頼して、あまり要望もせず建てられるのが無難かもしれません。けれどもみなさんが建てようとされているのは、れっきとした注文住宅なのです。一生に何度も建てるわけではないのですから、やはり家族の夢が詰まった家にしたいですよね。そこで注目していただきたいのが、先ほどから申し上げている“面だましい”です。

職人の顔、職人のこころ

あなたが今見つめている見積り書から目を上げて、一度目の前にいる職人の顔を眺めてみてください。どうでしょうか?あなたの思いを、きっちりと引き受けてみせるという面だましいをしていますか?

古い考え方なのかもしれませんが、現親方の井上一幸も、その師匠も、そのまた師匠も、家を建てる棟梁というものは代々、自分の顔に責任をもつという気概のもと仕事をしてきました。「棟梁に任せるよ」というひと言を聞いたら最後、現場は儲けよりも、職人としてのプライドをかけた勝負の場になったのです。

私たちは、お客様の様々な夢を叶えることができる職人になるために、日々技量を磨き、心を磨いて、精進を重ねています。データを検討することも大切ですが、日常的に何を思い、どのような姿勢で仕事をしているかを、相手の面だましいから読み取ることも、同じくらい重要なことではないでしょうか。

私たちは「良い家を建てるためにお金がかかるのは当たり前」とは思っていません。良い家がほしいと心から願っていらっしゃるお客様のために、予算も含めてどうすれば願い通りの家が建つかを一緒に考え、持てる力を発揮したいと考えています。もし私たちの思いに共感していただけたなら、一度私たちの顔を確かめに(笑)、栄建築にお越しください。 お待ちしています!

家づくりの問い合わせをする

「職人社長が行く」も併せてお読みください

赤穂の職人工務店 家づくりって何だろう?

赤穂の職人工務店 家づくりって何だろう? 赤穂の職人工務店 表紙へ