ページトップへ

お客様の声

  • 新築・建替え・リフォーム
  • すべて

地震に備えて~耐震改修工事~

相生市・K様邸

 耐震改修をするにあたって

Q1.耐震改修工事を検討されたきっかけを教えて下さい

平成に入ってから神戸や東北、熊本で大きな地震があり、地震が増えたと感じていました。

今後、地震が起きて家が倒壊し、がれきの下敷きになる可能性がないとは言えません。

また倒壊しなくても、住める状態ではなく避難を余儀なくされることも考えられます。

年齢的にも避難所での不慣れな生活には不安がありますし、介護を必要とする家族がいるため一般避難所で生活することは難しいと思います。

もし災害が起きた場合でも、自分自身や家族の生活や安全はできるだけ自分たちで守りたい、そのために今の家を避難の必要のない家にしようと考えました。

そこで市役所に行き、簡易耐震診断をお願いしました。

 

Q2.耐震診断の結果をご覧になって、どのように感じましたか?

一般的に1.0以上あると耐震性が確保されているという判定になりますので、1.0程度はあると思っていました。ところが診断結果は0.3ということでした。

予想以上に耐震性がないことに驚き、耐震改修工事をしようと決断しました。

 

Q3.今回の耐震改修工事で要望されたことはありますか?

特になかったのですが、私たちが一番長い時間を過ごす部屋はとても頑丈な作りになっているようです。これから安心して生活することができます。

 

Q4.太陽光は災害等を考慮して設置されたのですか?

はい。太陽が出ている間であれば、災害が起きても停電することはありません。

将来的には蓄電池の導入も検討しています。

太陽光を設置することで屋根が重くなり耐震性が不利になるかと思いましたが、太陽光を設置しても耐震性に問題ないと判断していただきましたので安心しています。

 

Q5.大阪で大きな地震があり相生市は震度3でしたが、どのような揺れを感じましたか?

床に座っていましたが、揺れは感じませんでした。

 

Q6.耐震改修工事をされて、感想やご意見はありますか?

耐震改修工事については分かりにくいので、専門家に相談することをお勧めします。

栄建築さんは最初の相談や見積の段階から親身になって話をよく聞いていただきましたし、施工も丁寧でした。良い出会いがあったことにとても感謝しています。